早産で赤ちゃんが入院!手続きしてよかった医療費制度と自己負担額

こんにちわ、まめ子です。

私の子どもは、出産後すぐにNICUへ入院していました。その時、不安になったことは医療費です。

「保育器や人工呼吸器などの医療機器を使うと高額請求になりそう」

「家計への負担が大きくなりそう・・・」

などと、私と同じように大きな不安を抱くと思いますが大丈夫です。国には、赤ちゃんを支援してくれる制度が用意されています。その中の一つに「未熟児養育医療費制度」というものがあります。私はこの制度を利用し、子供の医療費が大きく軽減されました。

 

今回は「未熟児養育医療費制度の手続き方法」から「実際の自己負担額」についてお伝えしますね。

 

未熟児養育医療費制度とは

未熟児養育医療費制度とは、出生時の体重が2,000g以下、または、身体の発育が未熟のまま生まれたため、指定医療機関において療養の必要がある子どもに対して、医療費の給付を行う制度です。所得に応じて費用の負担がありますが、その部分は「こども医療費助成制度」によって充当されます。

 

自己負担分が発生していましたが、「こども医療費助成制度」で充当されたため、実費での支払いはありませんでした。

まめ子

 

対象となる赤ちゃんは?

◯1歳未満であること
◯未熟児養育医療の指定養育医療期間で入院する子
◯未熟児であると認められる子

未熟児であると認められる子は以下の項目に当てはまる子です。

  • 出生体重が2,000g以下
  • 運動不安、けいれんがある
  • 体温が34度以下
  • 強度のチアノーゼが持続、発作を繰り返す
  • 呼吸数が毎分50を超えて増加傾向、または毎分30以下
  • 出血傾向が強い
  • 生後24時間以上排便がない
  • 生後48時間以上嘔吐が持続
  • 血性嘔吐、血性便がある
  • 生後数時間以内に黄疸が出る、または異常に強い黄疸がある

 

私の子どもは出生体重2,000g以下、黄疸に当てはまっていました

まめ子

 

給付の対象となる治療は?

指定養育医療機関で行う未熟児の治療で対象となるのは次のとおりです。

 

  • 診察
  • お薬や治療材料
  • 医学的処置、手術とその治療
  • 病院または診療所への入院とその療養に伴うお世話や看護
  • 移送

 

申請期間と手続きに必要なもの

お住まいの地域によって申請期間は異なります。私の地域では、赤ちゃんの入院中に申請が必要で、退院後の申請は不可でした。そのため、入院が決まったらすぐに手続きすることをおすすめします。

 

申請手続きに必要なもの

・養育医療給付申請書(お医者様に記入してもらいます)
・養育医療意見書
・世帯調書(赤ちゃんと生計を共にしている世帯構成や支給決定にかかる必要な事項など)
・前年度の所得がわかる書類(源泉徴収票、納税証明書など)
・健康保険証被保険者証のコピー(赤ちゃんの名前が記載されているもの)
・印鑑
・マイナンバー

申請方法については、自治体によって異なる場合があります。お住まいの地域を管轄する役所、または保健所へお問い合わせください。

 

給付の決定について

給付の可否については、申請書と医療機関へ通知されます。後日届いた書類などで結果を確認しましょう。

 

実際にかかった医療費の金額は?

子どもがNICUから退院したあとに、月ごとの「自己負担金額」として請求がありました。参考までに書類の一部を掲載します。

 

1ヵ月分ですが、200万以上の医療費が請求されています。高額すぎて私の家計では、お支払いできる金額ではありませんでした。

 

未熟児養育医療制度を利用したことで、自己負担額が8,360円。この自己負担分も「こども医療費助成制度」が充当され、手元からの支払いはありませんでした。とてもありがたい制度だと心の底から感謝しています。

 

まとめ

子どもがNICUに入院となると、子どものことも心配ですが、医療費についても不安になりますよね。ここでお伝えした「未熟児養育医療費制度」について知っておけば、金銭面の不安は軽減できるのではないでしょうか。

私の子どもはNICUに2ヵ月間入院し、現在2歳になりました。

低出生体重児のため、成長や発達の遅れは少しありますが、その他は大きな病気もなく元気に育ってます。

 

切迫早産で出産!赤ちゃんがNICUへ入院したときお世話や手続きは? 31週目、水が流れる感覚!おりものと思ったら破水していた出産レポ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください