同棲を始める前に知っておきたいメリット・デメリット

こんにちは、まめ子です。

私は夫と2人暮らしを経て結婚することになりました。

同棲を始めた当時は楽しく過ごせたこと、ずっと一緒にいられることが嬉しかった反面、
彼のライフスタイルと私と合わず不満に思うことも多くありました。

そこで今回は、同棲を始めるカップルへ参考にしてほしい、2人暮らしのメリット・デメリットについてお伝えします。

 

同棲生活のメリット

①費用を抑えられる

1人暮らしの場合、家賃や生活費などの費用を全て負担することになりますが、2人暮らしだと相手にも負担してもらえるので出費を抑えることができ、
貯金をすることもできます。

貯金をするときは、2人の専用通帳へ貯金をし、お互いが管理できるようにしていました。

 

経験者が伝える!同棲の生活費は割合?折半?長続きした方法

 

②結婚前に相手のことを知ることができる

結婚してから一緒に暮らし始めた場合、相手のライフスタイルが自分の生活を合わない場合があります。
家事のやり方や料理の味に口を出す、トイレが長い、休みの日はほとんど寝て過ごすなど、不満に思えることも必ずでてきます。

そういう不満の1つ1つを結婚前に知ることができるのは大きなメリットです。

 

③2人の距離が近くなる

朝から晩まで好きなだけ一緒にいることができます。今まで会いに行っていた時間や予定を合わせる必要がなくなり、2人の時間を有効に使うことができますよ。

 

同棲生活のデメリット

楽しい同棲生活を過ごしたいと考えていると思いますが、残念なことにデメリットもあります。

①1人の時間がなくなる

いつでも同じ空間い居ることになるので、一人の時間がありません。
ケンカをして顔を合わせたくない場合でも、顔を合わせることになるので居場所がないことも出てきます。

 

②金銭面のトラブル

生活費の負担する部分で揉めた、支払ってくれる予定の費用を払ってくれない、金銭感覚が違ったなど金銭面のトラブルが出ることもあります。
お金に関することは、同棲が始まる前にきちんと話あっておきましょう。

 

私の場合・・・

2人暮らしをしていなかった頃は、予定を立てながら会いに行っていました。車で片道40分かけて会いに行っていたので、それがなくなり毎日会えるのはとても嬉しいことでした。

しかし、彼は家事についてはほぼやってくれませんでした。この家事をやって欲しいと伝えると、しばらく時間が経ったあとにしてくれましたが、
私がやった方が早い!ととてお不満に感じていました。

お互いに共働きで8時間勤務と仕事をしている時間は同じはずなのに不公平です。
私が早起きをしてお弁当を作り、帰ってくるときには夕飯を作るなど、結婚生活のような暮らしになっていました。

非公開: 同棲のイライラ!原因は家事の分担。

さいごに・・・

彼と同棲を始めると決まると、とても嬉しくワクワクしますよね。
それとは反対に、別々の環境で育ってきた2人が暮らすことになるので不満は必ずでてきます。

お互いにメリット・デメリットを広い心で受け入れながら、話し合いながら上手に暮らしていけたらいいと思います。

不満な部分が強すぎて「もう無理」と思うこともあるかもしれません。しかし、それはそれで相手のことを知ることができたので、結婚前に知れてラッキーなことだと次のステップへ行くのも良いのでは?と思います。

 

非公開: 生活費の管理はどうする?私はたった3つの方法で同棲がうまくいったよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください