子どもが熱中!2歳のプレゼントは実用的な知育玩具のコレ【レビュー】

こんにちは、まめ子です。

2歳の子どもへのプレゼント、何を選ぶんだらいいのか迷いますよね。

2歳の子どもが好きなキャラクターといえば、アンパンマン。

アンパンマンが嫌いな子ってあまり聞いたことはありません。私の2人の子どもたちはアンパンマンとともに育ったと言ってもおかしくないくらい、アンパンマンが大好きです。

家はアンパンマンが多くのものを占めています

まめ子

数あるおもちゃの中でもおすすめなのが、知育玩具「おしゃべりいっぱいことばずかん」です。

長男が1歳のときにプレゼントし、3歳くらいまで使っていました。そして今、2才の次男が使っています。

長男の時代から、およそ6年くらい使ってきました。

そこで、ママの目線からココ良かったなと思うところ、気になったところをレビューしていきたいと思います。

 

おしゃべりいっぱいことばずかんDX

6年前に購入しました。最新のものとは少し色合いが変わっていたり、新しい機能が追加されていますが、基本的な部分は変わらないと思います。

製品情報
製品名:アンパンマン おしゃべりいっぱいことばずかん
対象年齢:3歳以上
価格:約7,000円

まめ子

子どもたちが大好きなアンパンマン

 

よかったところ

良いと思う機能は次のとおりです。

  • 日本語と英語の切り替えができる
  • 音の調節が可能
  • 1歳からでも遊べる
  • 時間が経つと自動的に電源が切れる

日本語と英語の切り替えができる

日本語のみ対応のおもちゃが多い中、英語に切り替える機能がついているのは魅力的です。

小さいうちから英語に慣れ親しんで欲しいので、日本語と英語を切り替えながら使っています。

 

音の調節が可能

これはとても嬉しい機能です。他のおもちゃは音の調節ができず、音の大きさで周りに迷惑をかけていないか気になることもあるのですが、「ことばずかん」は、「音量マーク」をペンでタッチするだけで3段階の変更可能。

 

1歳からでも遊べる

対象年齢は3歳からですが、音が流れるので1歳の子どもでも興味を持って遊んでくれました。ペンを持ってタッチするだけなので、1歳の子どもでも問題なく使えます。

動物の声が出ると大喜びです

まめ子

 

時間が経つと自動的に電源がオフになる

子どもは遊んでいると、他のおもちゃに興味が出て、今まで遊んでいたものを放置することがよくあります。
そんなときにも、「バイバイ!また遊んでね」とアンパンマンの声が流れて自動で電源がオフになるので、電源が入ったままということがありません。

電池の消耗を防いでくれます

まめ子

 

気になったところ

全体的にもとても良いおもちゃなのですが、ここが改善されたら嬉しいな〜と感じる部分もありました。

  • 子どもが1人で開けにくい
  • あいうえお表で言葉を繋げて単語を作れない

子どもが1人で開けにくい

慣れるまでは開けるのが難しい様子。1人で開けらるようになるまでは、ママの助けが必要かも。

しっかりした作りだからそうなるのだと思いますが、もう少し、子どもがスムーズに開けることができたら良いと感じました。

 

あいうえお表で単語を繋げて言葉が作れない

あいうえお表は50音を覚えるために、とても良い機能です。

「あ」をタッチすると、「アンパンマンのあ」「や」をタッチすると、「やきそばぱんまんのや」という風に、キャラクターの名前を例に取って音が流れます。

しかしこの機能、子どもが言葉を覚えたとき、自分自身でタッチして言葉を作れないので残念です。

例えば「か・さ」とタッチした場合、「かれーぱんまんのか、さくらもちねえさんのさ」と音が流れます。単語のみ「か」「さ」と発音してくれたら、ことばの組み合わせも覚えられたのでは?と思います。

 

さいごに・・・

アンパンマンのことばずかんは、おなじみのキャラクターや動物の声、楽器の音などが流れるので、子どもが興味を持ちやすくなっていると感じます。

現在、小学生になる長男もこの「ことばずかん」から物の名前を覚え、話せる単語が増えていきました。

そして、2才の次男も長男と同じように遊んでいます。遊びながら学んでいけたら嬉しいなと見守っているところです。

 

♡この記事では、私が良いと感じたところをお伝えしました。ことばずかんの詳しい使い方や機能については、公式サイトなどで確認してくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください