学童の先生が絶賛!ランドセル用サイドバックは物が多い子にピッタリ

こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

男の子には「あるあるな話」だと思いますが、
鉛筆に消しゴム、手に持っていた物などを置いてきたり、無くしてきたりしませんか?

うちの小学生の長男はよく物を無くしてくるんです。
今は小3で学年も上がったので、小1の時と比べると良くなっていますが、
当時は本当にすごかったです。

筆箱に筆記用具は入っていない

鉛筆や消しゴムなどの筆記用具は、筆箱の中には入っていません。
ランドセルに直に入っていたり、お道具箱の中や教科書の間に挟まっていたりしました。

手荷物に体育着やカッパを持っていくと、教室やグラウンドにそのまま置き忘れてきたり・・・。
置き忘れてもあればいいんですが、無いことも良くありました。

 

その中でも私が1番びっくりしたのが水着セットです。
それも置き忘れたのではなく、無くした(無くなった)。

その日のうちに、一緒に学校へ行き、
忘れ物コーナーや、グラウンド、広場など
子供が行きそうな場所は探しましたが、全く出てきませんでした。

物を無くさないルールを作る

本当に物をよく忘れる、無くしてくる息子。
どうしたものかと試行錯誤し、決まり事を作りました。

  1. 物は決まった場所に置く、収める。
  2. もし無くしたら自分のお小遣いで買う。
  3. 物は大切にする。

と、息子との間での決まり事を作ってみましたが、守ろうとする意識が低いため
なかなか効果は見られません。

ただ、「自分のお小遣いで買う」というルールは、なかなか応えたようで
実際に買いに行くとショックを受けていました。

ちょっと可哀想だったな・・・

すんすん

手荷物を減らす

決まり事を作っても、本人の意識はまだまだ薄い。

息子が忘れたり、無くしてくる物は、ほとんど手荷物だと感じたので、
少し前に話題になっていた、ランドセル用の「サイドバック」を今更ながら買ってみました。

物を全く無くさない!ってまでは至っていませんが、
両手が使えるようになったことが、長男にとってよかったみたいで
喜んで使ってくれています。

これを見た学童の先生が、これは君のための商品だ!と絶賛。
先生も、息子の忘れ物の多さに困っていたようです。

お手数をおかけしています。

すんすん

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!