除菌機能付きの歯ブラシスタンドを使ってみた感想

こんにちは、まめ子です。

 

歯ブラシスタンドは、コップのようなスタンドや、
1本ずつ個別に立てられるタイプのスタンドを使っていました。

でも、歯ブラシが底に付いてしまうスタンドは、
しばらく使っていると水垢やヌルヌルが出てきて、とっても気持ちが悪い。

しっかり水気を拭き取って、スタンドに立てると良いのですが、私以外の家族は気にならないのか、
洗い終わったら、水気も取らずそのままスタンドへ入れてしまいます。

雑菌が繁殖してるかも・・・

まめ子

 

定期的な掃除は必要ですが、このヌルヌルがストレスになっていました。

歯ブラシは、毎日口に入れて使う物なので、安全・衛生は保ちたいものです。そこで、新しく歯ブラシスタンドを購入することにしました。

 

 

 

 

除菌機能付きの歯ブラシホルダー

 

除菌できるものが出ているって知らなかった私。
歯ブラシスタンドは、除菌できるもの!に絞り、家族4人分の歯ブラシと、歯磨き粉も収納できるタイプを購入しました。

上の画像は、私が実際に使っている物です。(歯ブラシの部分は、加工しています)
右側に付いているレバーを押すと、歯磨き粉が出てくる仕組みです。

 

歯ブラシ除菌ホルダーのメリット

歯ブラシホルダーに変えて、快適に使用しています。

メリットは次のとおりです。

  • 壁かけ収納なので、歯ブラシが底に付かずヌルヌルしない
  • 除菌機能が付いていて、何もしない時より衛生的
  • USB充電でスマートに使える

といったところでしょうか。
でも、良いところばかりではありません。

歯ブラシ除菌ホルダーのデメリット

良いと思った商品にも、使い始めるとデメリットは出てきますよね。

  • UV除菌していない時の正面ライトが眩しい
  • 歯ブラシヘッドの大きさによっては、真っ直ぐ収納できない
  • ハブラシのヘッドをかけているところに水垢ができる
  • 歯磨き粉の量が少なくなると出づらくなる

上記の写真2つを比べると分かると思いますが、UV除菌をしていないときは、表のライトが点灯します。その光が眩しいので、設置場所には注意が必要です。

ホルダーには、人感センサーが付いているので、人の気配が無くなったら、U V除菌が始まります。

除菌機能付きのホルダーに変更してからは、ストレスになっていた底のヌルヌルからは解放されましたが、歯ブラシヘッド部分の水垢については、盲点でした。
水垢と言っても、汚れる範囲は少ないので、アルコールシートなどでサッと拭いています。

歯ブラシは、ヘッドの小さいタイプを使っているので、真っ直ぐ収納ができていないのですが、普通の大きさであれば、真っ直ぐ入れることができました。

UV除菌の効果は?

効果は、正直わかりません。
目に見えない世界なので、やらないよりはやった方が良い。という感じで使っています。

とらじろう

そんなもんでいいの!?

まとめ・・・

除菌機能付きのホルダーは、デメリットを含めて考えても変えてよかった!と思っています。

衛生面が気になるこの時期、除菌効果のある商品には、注目が集まっています。
よりより暮らしのために、良い物を生活の中に取り入れて行けたらいいなぁと思っています。

 

 

 

 

 

<PR>マスクのサブスク

今、外出時のマスク着用は欠かせません。使おうと思ったら使い切って無かったり、買いに行っても売り切れていたりすると不安になることも・・・。
マスクのサブスクなら、買い忘れや売り切れの心配もありません。安心して暮らすために、我が家も取り入れたいと考えてます。

送料無料のマスクサブスク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください