【時短】衣類乾燥機を使ったら本当に良くて感動した

こんにちは、まめ子です。

 

時短家電と呼ばれる神器「お掃除ロボット」「食洗機」「衣類乾燥機」はご存知でしょうか。忙しいママには必須と呼ばれる3機種です。

その中の1つ、ずっと欲しいなと思っていた「衣類乾燥機」が我が家にやってきました。

 

これが思った以上に良かったので、ご紹介したいと思います。

 

今までの洗濯が外干し

今までの洗濯は、「洗濯→外へ干す→乾いたら取り込む→畳む→しまう」という一般的なやり方での方法でした。

できることなら外に出たくない

まめ子

暑い日は汗をかきながら、寒い日は寒さに震えながら一つずつ広げる作業。そして、仕事から帰ってきて、育児や家事とやることが多く、とても負担に思っていました。

まめ子

干すってけっこう時間がかかるんですよね

 

外干しのメリット・デメリット

外干しのもいいところ、悪いところがありますね。私が感じているのは次のとおり。

メリット

・日光の香りが心地いい

・電気代がかからない

 

デメリット

・虫、砂埃が気になる

・PM2.5も気になる

・日があたる時間が限られている

・時間がかかる

 

雨の日は部屋干し

雨の日は部屋干しです。洗濯機に乾燥機能も付いていましたが、3時間以上かかる上に「カラッ」と仕上がらず不満です。

結局、部屋に干さなければならなかったため、室内用の物干しと除湿機用意し、洗濯物を乾燥させていました。

 

部屋干しのメリット・デメリット

部屋干しで感じたメリット、デメリットは次のとおり。

メリット

・虫や砂埃は気にならない
・子供から目を離すことなく作業できる

デメリット

・除湿機の電気代がかかる
・除湿機をかけているとはいえ湿気が気になる
・湿気で室内にカビが生える
・部屋干し独特の匂いがする
・時間がかかる

 

時短家電「ガス衣類乾燥機」の登場

私の家族構成は、夫と私に子供が2人の4人家族です。

共働き世帯なので、なるべく家事の負担は減らしたいと考えていました。そこで、時短家電と呼ばれる「衣類乾燥機」を使うことにしました。

まめ子

家事の負担が1つなくなる〜

 

衣類乾燥機を使うと、洗濯物を「干す」「取り込む」作業がなくなり、負担が軽くなりました。

しかし、衣類乾燥機本体の値段、乾燥機専用のフィルター代、電気代、ガス代と今までになかった費用が発生。

出費がかさむー

まめ子

家計への負担も増えるので「使うのは辞めよう」って話にもなりましたが、フルタイム勤務をしながらの家事、育児はとても重労働です。

 

ママの負担が減るなら使った方がいいよ!

と、夫の一言でしばらく使い続けることになりました。

 

ガス衣類乾燥機、やめられない

「洗濯物を乾かす」ことが目的で使った衣類乾燥機でしたが、乾かす以外にも良いことがありました。

外に干した時の洗濯物の仕上がりは、とても硬くゴワゴワで、赤ちゃんのお肌には刺激が強く、肌を痛める可能性がありました。

それに比べて、ガス衣類乾燥機を使った場合は、タオルも洋服も柔らかな仕上がりでフワッフワ!

まめ子

ずっと触れていたい仕上がり

とても柔らかいため、赤ちゃんのお肌にも安心して使えました。

 

柔軟剤のCMで見るタオルのフワフワ感を再現できるよ

まめ子

 

衣類乾燥機を時間で比較

私たち家族4人分の洗濯物は約8kgです。1日に1〜2回洗濯機を回しています。

 

今までの洗濯 衣類乾燥機を投入後
洗濯 40分 40分
干す 15分 なし
乾燥 半日 50分
取り込む 3分 なし
畳む 10分 10分

 

衣類乾燥機を使った場合は、一連の流れをおよそ100分で終えることができ、効率的に家事がこなせるようになりました。

 

まめ子

2時間以内に洗濯が終わるなんて嬉しい♪

 

衣類乾燥機のメリット・デメリット

メリット

・仕上がりが柔らかくフワフワ

・時短

・外に干す、取り込む作業がない

・精神的な負担が減った

 

デメリット

・本体、フィルター代など発生

・光熱費がかかる

・乾燥終わったばかりは熱いのでやけどに注意

 

光熱費は発生するけど、大きな差はありませんでした

まめ子

さいごに・・・

衣類乾燥機の良さを知ってしまった今、もう外干しをしていた頃には戻れません。家事や育児が時間短縮にになり、自分の時間も作れるようになりました。

また、心にも余裕ができるようになっているので、前よりも笑顔が増えているように思います。

ママが笑顔でいられることが家族にとっても嬉しいよね

まめ子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください