子供の高熱、咳が続く・・・風邪と思ったら別の病気に感染していた

ご訪問ありがとうございます。

子供の突然の発熱や咳が長引くと、

「なぜ良くならないんだろう」

「違う病気なのかな?」

など、とても心配になりますよね。

 

私の子供が1歳の時の出来事なんですが、咳がひどく、高熱が3日も続いたことがありました。

かかりつけの病院で診てもらっても、症状は改善どころか、悪化する一方で良くなりません。

まめ子

別の病気なのかなー?

と、不安になった私は、別の病院を受診。すると、ただの風邪ではなくウイルスに感染していることが判明しました。

RSウイルス気管支炎に感染

病名は、RSウイルス気管支炎。

RSウイルス感染症は、病原体であるRSウイルスに感染ることによって発症する呼吸器感染症です。

ドクター

咳の症状がひどく、肺炎になりかけていた子供はそのまま入院することになりました。

まめ子

ここまで酷かったなんて・・・

RSウイルスに感染した時の様子

始まりは咳からでした。風邪をひいている時の症状と似ていたため、私自身もいつもの風邪だと思っていました。

それから2日後、突然40℃を超える高熱に。解熱剤を与えても、処方されたお薬を飲ませても、良くなる様子はみられません。

子ども自身も、咳と高熱で呼吸をするのがやっとな状態でした。

  • 咳、鼻水がひどい
  • 40度以上の高熱
  • 呼吸が荒く、回数が多い
  • 呼吸のたびにお腹がベコベコしている
RSウイルスはほとんどの子供が2歳までに感染すると言われています。

ドクター

RSウイルスで入院

RSウイルスには有効な薬がありません。そのため、症状をやわらげるため、吸入、吸痰、酸素投与、点滴、解熱剤などの対症療法が行われました。

呼吸困難になっていた子供は、常に酸素チューブをつけられ、栄養補給の点滴に繋がれ、とても痛々しい状態。それに加え、3時間に1度、鼻から喉へチューブを通しての吸痰と吸入が行われました。

吸痰と吸入はチューブが鼻から通るため、子供はジタバタして抵抗します。少しでも動いてしまうと、鼻や喉に傷がついてしまうので、暴れる子供を抑えるのは苦戦しました。

子供が回復する様子を簡単にまとめると次のとおり。

入院1日目~3日目

解熱剤を投与しても効果がなく、3940℃の高熱。

咳がひどく呼吸困難な状態に近いので、授乳をしてもむせて飲めない状態。食事も出してもらっていましたが、食欲がないためほとんど残していました。

 

入院4〜5日目

体温は平熱の36.6℃
ようやく高熱から解放され、点滴も外してもらえました。

食欲も少しずつ戻ってきていましたが、まだ身体がだるいようでベッドの上でゴロゴロ。

そして退院の日

いつも通りの元気を取り戻した子供は、久しぶりの笑顔♡つかまり立ちをしたり、おもちゃで遊んだりと身体を動かせるようになったので、子供自身も嬉しかったと思います。

RSウイルスの入院期間は?

RSウイルスでの入院期間は6日間。発症してから完治までだと10日もかかってしまいました。

入院中、母である私は、病室と自宅を行ったり来たりの生活が続きました。子供自身も病気と闘い大変な思いをしていますが、付き添いする親もとても大変です。

なにはともあれ、子供が無事に回復してくれて、本当によかったです。

まめ子

子供は元気なのが1番

さいごに・・・

RSウイルスはお医者さんでも判断がつきにくい病気です。少しでも子供の様子がおかしいなと感じたら、早めに病院を受診することをおすすめします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください