時間にルーズな子供は見える化で解決!?私がとった方法とは?

こんにちは。

今日も長男のお話です。我が家の長男は、良く言えばマイペース。
小さい頃から、時間に危機感がないというか、本人の意思が弱いのか、時間にルーズです。

毎朝遅刻ギリギリ!マイペースで心配

保育園の頃から急いで〜と促しても、自分のペースでゆっくり支度。
まだ小さいから理解できないのでは?と考えていましたが、幼稚園、小学校へ上がっても、
性格の問題からか、マイペースな性格はマイペースのままです。

 

「時間の約束は守ろうね」

「遅刻はダメ」

 

と、言い聞かせてきてはいるものの、
本人の自覚が足りないせいか、改善される様子がありません。

  • 自分に甘い
  • 許されると思っている
  • 学校へは母が送ってくれるから大丈夫

 

長男の場合、上記の点が当てはまると思います。

 

いつもの朝の光景

 

 

ベッドから起きてくるものの、場所が変わっただけでまた寝てしまいます。

そのまま放置していると、本当に遅刻してしまうので、
何度も声をかけて間に合うようにしているのですが、これだけで朝からヘトヘトです。

このままでは、遅刻ばかりして信用されない大人になりかねませんし、下の子の教育にも悪影響を及ぼしてしまいます。

目覚まし時計の効果は?

定番のアイテム「目覚まし」も使っていましたが、目覚ましなんて、あるようでないのと一緒です。

目覚ましが鳴ると、止めてそのまま眠ってしまう。もしくは、寝相の悪さでベッドから目覚ましを落とし、目覚ましの音が届かなくなっていました。

一筋縄ではいかない・・・

まめ子

目覚まし時計は、長男にとってはただの時計です。結局、母である私が起こしてあげなくてはいけません。
声をかけたら、目を覚ましてくれたら良いのですが、布団にくるまったり、耳に届いていないのか起こすまで時間がかかります。

早く起きて〜

まめ子

本人の意識「見える化」することが大切

時間を守ってもらうには、本人が意識することが大切です。
まず、長男本人に、「起きる時間」「学校へ行く時間」「眠る時間」を決めてもらいました。

約束を守らなかったら、長男の大好きなニンテンドースイッチができないよ!とい条件付きで。

 

決めた事は、見える化するのがいいので、長男の大好きなポケモンと一緒に壁に貼ってみました。

 

少しだけど効果あり

貼ってから1週間くらい経ちました。
やっぱり、朝はだらけてしまいがちですが、壁に貼ったメモを指差ししながら注意をすると、
前より動き、学校へ間に合うように家を出られるように改善しつつあります。

とらじろう

ゲームができないのが効いたのでは?

でも、まだ声かけが必要です。自分自身で時間通りに動いてくれるようになるには、まだまだ時間がかかりそうな気がします。

まとめ

時間を守る事は、小さいうちから教える必要があると感じています。成長するにつれて分かるようになる!と思っていた結果が長男です。

次男は今4歳なのでまだ間に合います。長男みたいにはならないよう、次男には教えていけたらと考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください