31週目、水が流れる感覚!おりものと思ったら破水していた出産レポ

ご訪問ありがとうございます。

私は2人目の妊娠中、切迫早産と診断されていました。

お腹の張りが頻繁にあり、少し行動するだけでお腹が張り出してしまう体質。そのため、日中もほとんど動かずに自宅で安静生活を送っていました。

31週目を迎え、出産までもう一踏ん張り!と思っていた矢先、夜中に突然チョロっと水が流れる感覚が私を襲いました。

 

パッと目が冷め、

まめ子

えっ?おりもの?・・・まさか破水!?

と、不安を抱きながら病院へ駆け込みました。

 

病院ですぐに検査を受けましたが、羊水の反応が出なかったため破水ではないとの診断。

確かに水が流れている感覚はあった。でも破水ではない?じゃあ、出てきた水は何?と検査結果が信じられませんでした。

 

しかし、これは「破水」だったことが後で判明します。今回は、破水から始まった出産体験をお伝えします。

 

妊娠29週目から切迫早産

実は私、1人目を出産したときも切迫早産と診断され、34週目で出産しています。

そんなこともあり、2人目妊娠中は「切迫早産になりたくない!」と警戒し、無理はせず、できるだけ動かない生活を心がけていました。

しかし、私の努力も虚しく妊娠29週4日のとき切迫早産と診断され、自宅安静を告げられてしまいました。

 

高位破水の疑いで入院

破水の診断ではありませんでしたが、お腹の張りが頻繁にあったため「このままでは陣痛に繋がる可能性が高い」と、NICUのある総合病院へ救急搬送されることに。そして、そのまま家に帰ることなく、入院となりました。

搬送先の総合病院でも、破水していないかと、確認の検査を受けましたが、結果は変わらず陰性。

まめ子

水が止まらないから不安!

2回目の破水の検査

またまた結果は陰性。水は確かに出ているのに、なぜ陰性なのか不思議。

水は、常に流れているというわけではなく、時々チョロチョロっと出るような感じ。生理用のナプキンで対応していました。

 

入院3日目、全く水が流れる感覚が消えず、どうしても不安になった私は、再々検査をお願いしました。

改めて検査をすると「陽性」。高位破水と診断されました。

まめ子

ようやく、ちゃんとした結果が出てホッ。

破水すると、お腹の赤ちゃんの健康状態が心配されるところです。人によっては出産を迎えるケースも。

私の場合は、子宮の破れている箇所が小さく、子宮の高い位置。羊水量がうまく保たれている状態なので様子を見ましょう。との事になり、自然に任せて陣痛がくるのを待つことになりました。

 

早産対策、赤ちゃんへの対応

もうすぐ、出産の時を迎えようとしていましたが、お腹の赤ちゃんはまだ31週目。まだまだ十分に成長できていません。

そこで、「赤ちゃんの肺の成熟を促すためのお薬を打ちましょう」と、お腹の赤ちゃんへの治療を行うことになり、2日連続で1回ずつ注射をうちました。

 

破水から3日に陣痛が!!

お腹の張りに伴い、強い腹痛が一定の感覚で起こるようになりました。はじめのうちは、耐えられるくらいの痛みでしたが、腹痛の感覚が短く、だんだん痛みが強くなってきて「陣痛が来た」と実感

先生に症状を伝えると「今日をお誕生日にしましょう」と、妊娠31週6日目で出産することになりました。

 

出産方法は?

前回の出産が帝王切開だったため、今回の出産も帝王切開。看護師さんの適切な処置の元、私はオペ室へ運ばれました。

緊急手術のはじまり。背中から麻酔を打ち、お腹の感覚が感じられなくなったところで手術が始まりました。

メスを入れられている痛みはありませんが、意識ははっきりしているので、子宮が引っ張られたような感覚や器具の音は分かりました。

 

赤ちゃんが取り出される時、先生が「取り上げるよ〜」の声とともに、お腹に「ドゥルン」と変な感覚が走り、1630gの小さな男の子が誕生しました。

 

帝王切開だった私は、ベッドの上から動くことができず、その日は、ただ激痛に耐えていました。赤ちゃんに会えたのは、翌日。赤ちゃんは、まだお腹の中にいる気分なのか、保育器の中で丸まって眠っていました。

さいごに

2人目の出産は、全く予想もしていなかった破水からの3日目での出産でした。
破水からの始まりは、本当にびっくりしました。もし、あなたの出産が破水から始まってしまっても、落ち着いて病院へ連絡してくださいね。

さて、31週生まれた子どもは、現在3歳になりました。予定よりも早く生まれたので、同級生のお友達を比べると一回り小柄。小さいけれど、大きな病気をすることもなく、毎日元気に走り回っています。

出産をサポートしていただいた先生や家族には本当に感謝でいっぱいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください