切迫早産で出産!赤ちゃんがNICUへ入院したときお世話や手続きは?

こんんちは、まめ子です。

赤ちゃんがNICUへ入院したら、パパやママが必要なこと・やっておきたいことがあります。今回は実際に私が行った体験を元にまとめてみました。

 

母乳は搾乳して与える

早産で2,500g以下で生まれた赤ちゃんの場合、NICUへ入院すると保育器での生活が始まります。

正期産で生まれた赤ちゃんとは違い、好きなときに抱っこをしたり、沐浴、授乳をすることはできません。小さく生まれた赤ちゃんの場合、哺乳力がなく直接母乳を与えることができないので、鼻から胃へ通してあるチューブから母乳を与えることになります。

そのため、搾乳は必須!ママは毎日、3時間置きに搾乳をすることになります。病院にいる時は、授乳室で搾乳。自宅にいるときは、搾乳機や手絞りで搾乳をします。

 

NICUへ通う

病院は面会時間が決まっているものですが、私の子供が入院していたNICUは親は24時間いつでも会い行ける病院でした。私は、朝から病院へ行くことがほとんどでしたが、夫は仕事があったため、夜に会いに行っていました。

しかし家庭の都合や自宅が遠いなどで、毎日会いに行けない場合もあると思います。そのときは、無理をせず行ける時に会いに行ってあげてくださいね。

保育器の中で過ごしている子供は、呼吸器や心電図、酸素測定器など様々な機器と繋がっています。好きな時に抱くことはできませんが、触れることはできました。子供に触れると反応してくれたり、小さな手で指を握り返してくれた時は、とても愛おしく感じました。

担当の看護師さんは、赤ちゃんに触れるときは両手で包み込むように触れてあげてくださいね、そうすると赤ちゃんはとても安心しますよ。と教えてくれました。

お迎えできる準備をしておきましょう

早産で生まれた赤ちゃんの場合、出産前はママも「切迫早産」で入院していたという場合があります。ママが入院していると、お部屋の掃除、ベビーグッズの用意ができません。赤ちゃんがNICUに入院している間に準備を整えておきましょう。

 

  • 衣類の水通し
  • お部屋やエアコンの清掃
  • 爪切りや鼻水取りなどお世話グッズ
  • ベビーベッドの準備(必要な場合)など・・・

 

私の子供の退院する目安の日は、出産予定日と聞いていたため、お迎えできる準備は後回しにしていました。しかし、体調も体重の増えも良かった私の子供は、予定していた日より2週間も早く退院することが決まりました。

とても嬉しかったのですが、まだお迎えの準備ができていなかったため、とても慌ただしい退院の日を迎えました。お迎えの準備は早めに済ませておくのがおすすめです。

 

医療費制度や子ども手当などの手続きをする

これは出産してすぐに必要なことですね。できるだけ早めに手続きをしましょう。

私の場合、夫が仕事で忙しかったため手続きは全て私が行いました。出産し退院した翌日に行って来ましたが、窓口が数カ所あり、あちらこちらと歩き回りフラフラ。産後の身体にはとてもハードだったので、可能であればパパにお願いすることをおすすめします。

 

必要な手続き

・出生届け
・子ども医療費制度
・未熟児医療費制度
・高額医療限度額申請 など……

お住まいの地域によっては手続きが異なる場合がありますので、役所や医療機関へ問い合わせてください。

 

さいごに・・・

赤ちゃんがNICUへ入院となるとママは病院とお家を何度も行ったり来たり。それに加え、お家のこと、家族のこともやらなきゃと大忙しです。体調も崩しやすくなりますので、頼れることはパパやお家の方にお願いし、できるだけ負担を減らしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください